小林病院

文字サイズ変更

理念と基本方針

基本理念

高度で質の良い医療を提供することで、地域に貢献できる病院を目指します。

基本方針

  • 地域の人々に信頼される、安全な医療を提供します。
  • 高度の医療技術を実践します。
  • 病気を治すだけでなく、病める人の心を癒すことを大切にします。
  • 働きがいのある病院として環境整備に努力します。
まずは利用される方々の立場に立った医療を提供することであります。
「皆さまの側からみて良い」医療を行ってゆくことです。
私たちは専門的な知識・技能に基づいて、皆さまおひとり毎の固有の生活基盤・社会的ニーズを理解し、尊重し、いわば手作りの治療方針をご提案いたします。
次に医療の安全性です。安全の確保は、医療の基本であります。医療の現場はさまざまな職種の職員が協力して成り立っている職場であるだけに、安全性を確保するためには、各職場の細心の注意だけではなく、職種間の連携作業における安全性確保が非常に大切なのです。そのため当院では、現場の訓練、勉強会や委員会を通した教育等、職員全員が日夜、安全確保に努力しております。
最後は皆さまへ医療内容をご説明し、同意をいただくことです。最近では、皆さまもインターネット上で、いろいろな医療情報を得ておられるようですが、やはり病院で医師から直に説明をうけることが一番です。私たちは難しい医療用語を分かり易く、ご納得いただけるまでご説明することをモットーにしています。
今まで申し上げました理念と基本方針に基づいて私たちは常に良い医療を求め続けます。

患者様の権利

- 基本的人権に基づき、質の高い医療を等しく受けることができます。(基本的人権)
- 十分な説明と情報提供を受けることができます。(十分な説明と情報提供)
- 自己の意志に基づいて診療を受けることができます。(治療の自己決定)
- 自己の受けた診療内容を知ることができます。(情報公開)
- 個人情報及び医療情報は十分に保護され秘密が守られます。(個人情報保護)