小林病院

文字サイズ変更

オープン型MRI検査について

2014/11/25

オープン型MRIの特徴

・従来のMRI装置と比べ内径が広く横が開いた構造になっているため、閉所恐怖症の方や小児・高齢者の方も安心して検査が受けられます。
・従来のMRI装置と比べ撮影時に発生する音が小さくなっています。
・検査する側にとっても患者様がいつも見えるため安心して行えます。

MRIってどんな検査?

・磁気を使って人体内部を撮影するため放射線被曝がなく安全な検査です。
・症状がない初期の脳梗塞や脳動脈瘤などが診断でき、病気の早期発見・予防に役立ちます。
・病変の質的診断や微小な病変部の発見に有効です。
・レントゲン写真ではわかりづらい神経や筋肉(靭帯損傷や断裂等)の診断ができます。

MRIの検査方法

・MRIの検査は寝たままの状態で30分程の時間がかかります。
・当院では患者様がリラックスできるように検査中に音楽を流しています。

※MRI(MagneticResonanceImaging)検査は、磁気を使って人体内部を撮影します。
 患者さんは動くことなく寝るだけでさまざまな方向から撮影することができ診断に有用な画像情報が得られます。

※当院のMRIはベッドの両側が320°開いたワイドオープン型のシステムを採用しましたので、検査時の圧迫感が非常に少なく、落ち着いた環境で検査を受けていただくことができます。

MRIの適応疾患

[ 脳神経外科領域 ]
脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、脳血管病変、脳変性疾患、脳血管のスクリーニングなど
[ 整形外科領域 ]
頚椎、胸椎、腰椎の椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、骨軟部腫瘍、肩・脚・手足等緒関節の病変(特に靭帯断裂、半月版損傷)など
[ 腹部・骨盤内領域 ]
肝、胆、膵の腫瘍性病変、胆管、膵管のスクリーニング検査(MRCP)、腎臓、膀胱の腫瘍・子宮・卵巣の腫瘍出血など

※個人の方はまず、当院外来にてMRI検査を受ける必要性があるかご相談下さい。

医療機関の方はこちらからご予約願います。